最新の外構情報まとめ

エクステリアを構成する要素とは?

エクステリアを構成する要素とは? エクステリアという言葉はよく耳にしますし、なんとなく分かっていると思っている人は多いと思います。
エクステリアという言葉には本来は外部とか外観という意味があります。
建築業界においては建物の外観や外側全体を示す言葉として用いられています。
その構成は門や塀、庭に至るまですべてエクステリアと呼ばれます。
門まわりではポストや表札、照明に至るインテリアのような小さなものまで含まれます。
塀を作る素材としてはブロックやレンガがありますが、ブロックと言ってもその種類はとてもたくさんありますし、積み方に一つでもその印象は変わってきます。
フェンスについてもアルミ製のものから人工竹等様々材質があります。
庭については例え狭い敷地であっても家族が楽しめるようなものにしたいものです。
家庭菜園のスペースも立派な構成するものに入っています。
それぞれ気に入ったものを取り入れるのではなく、建物とマッチしたエクステリアを作ることで住まいに対する満足度が上がります。

エクステリアの必要性と主な構成要素について

エクステリアの必要性と主な構成要素について エクステリアは、門の周りやフェンス、生垣、ブロック塀、アプローチなどで構成されています。
駐車スペースやテラス、ガーデンルームもエクステリアに含まれており、テラスやガーデンルームは、屋外用のベンチやテーブルを配置して食事などを楽しむことができる要素があります。
玄関口である門の周辺は、単なる出入り口としてではなく住む人の個性や品格を表すものといわれています。
このスペースは、セキュリティ機能や建物との関連性を考慮した設計が必要ですが素材の組み合わせや植栽、照明を利用して様々なデザインが可能です。
フェンスや生垣、塀は防犯とプライバシー保護が需要ですが、建物や門周りとの調和も大切な要素といわれています。
駐車スペースのプランニングは、エクステリアの中でも重要で、全面の道路状況を踏まえて車の盗難や汚れの防止などを考慮する必要があります。
家の洋式や車の台数、周辺の雰囲気に合わせて慎重な設計が必要とされています。

新着情報

◎2019/3/15

開放感があるエクステリア
の情報を更新しました。

◎2019/2/28

サイト公開しました

「エクステリア 構成」
に関連するツイート
Twitter