最新の外構情報まとめ

開放感があるエクステリア

開放感があるエクステリア お庭や建物を周囲の目から隠すために、塀のような印象を持たれがちなエクステリアですが、それは一般的にはクローズデザインというものです。
その他にもオープンデザインといって、開放感を伴った見た目にできるタイプも存在します。
塀の数はなるべく少なくして、玄関口までをストレートに見通せるものが多く、車を置くスペースもガレージではなくカーポートだけのことが多いです。
開放感が特徴であるため、逆にプライバシーを大切にしたい人には向いていません。
ただ建物がある地域によってはクローズばかりが並んでいて、オープンにすると悪い意味で目立ってしまうこともあります。
エクステリアには防犯の意味合いもあるので、地域の環境にも大きく左右されます。
もちろんオープンとクローズのどちらかを選ばなければならないというわけではなく、両方の良いところを取ったデザインも可能です。
その際は隠す役割を植物に持たせるなど、デザインの選択肢は幅広いです。

おしゃれでオープンな見せるためのエクステリア

おしゃれでオープンな見せるためのエクステリア エクステリアといえば、建物の外側をトータル的に演出するものであり、カーポートや門、植木やアプローチ、フェンスやウッドデッキなどのことです。
それゆえにぱっと見て目に飛び込んでくる存在でもあるため、デザインや配置などにはこだわりたいところです。

そこでおしゃれなエクステリアを実現するためには、基本的には建物とのマッチングが重要です。
たとえば使用する素材やカラーなどを建物と同じにすることで、統一感が出て美しく見えます。
そしてもともと視線隠しの役割も担っていることから、フェンスや植木などで敷地を取り囲み、庭や窓が外から目立たないようにすることで、プライバシーを守るといったメリットもあります。
けれどもこのようなクローズデザインは閉鎖的かつ窮屈に感じるケースも多いため、最近ではオープンタイプのデザインも増加傾向にあります。
オープンタイプに関しては、敷地を塀やフェンスで囲まず、ポストやインターフォンなどの必要最低限の小さなエクステリアのみを利用することで、開放感あふれるスタイルのデザインが魅力的です。
ただし防犯性を考えるとデメリットもあるので、そういった場合は、閉鎖的にならない程度の低い塀や生垣を利用したり、一見するとクローズデザインでありながら、カーポートだけは開放的にするなど、両方のデザインの良い部分を取り入れたセミタイプのデザインを選択するといった方法もあります。

新着情報

◎2019/6/13

エクステリアの注意点
の情報を更新しました。

◎2019/3/15

開放感があるエクステリア
の情報を更新しました。

◎2019/2/28

サイト公開しました

「エクステリア デザイン」
に関連するツイート
Twitter

2020新型コルベット、ミッドシップ化!スパーカーと比べて500馬力無いけど軽くて加速充分だし、700万しないってコスパも良い!エクステリア、コクピットデザイン最高! って買えないけど(泣)シザードアならなお良いんだが。

#マツダ デミオが「MAZDA2」へ氏と姓を変えて刷新されました。 変更及び改良は、エクステリアデザインや足まわりのなど多岐に渡っています。 web.motormagazine.co.jp/_ct/17288503 #Webモーターマガジン web.motormagazine.co.jp/_ct/17288503

TwitterWebモーターマガジン@webmotormagazin

返信 リツイート 17:15

【トヨタ街角ステーション】 新型RAV4を紹介!! 八角形をイメージしたエクステリアデザインは、街でも存在感があります! グレードによってはツートンカラーにする事も! また、トヨタカローラ山梨では、明日からカローラ夏祭りを実施!ぜひお出かけください! #キックスybs pic.twitter.com/L7IImcrUP5

Twitterキックス ~AM765 YBSラジオ~@ybs_kks

返信 リツイート1 16:37

外構工事、お庭のデザインの工事なら株式会社新生。豊富な施工実績と資材パートナーで。こだわりのお庭をデザイン致します。「恵み豊かな自然環境を守り、この美しい日本を明日へと引き継ぐ」をコンセプトに、上質なエクステリアとガーデンを演出します。

Twitter株式会社シンキ@sinkicorpjp

返信 リツイート 13:01

ミライのエクステリアは結構かっこいいよ。プリウスをそのままセダンにしたような🤔←かっこいい? あのデザインでカローラでーすってカローラ売ればそこそこ数字出そうなもんなのに…

Twitterしろみの@金曜西い30a@463no

返信 リツイート 11:05

マツダ車の中でも、"CX-30"がエクステリアデザインの点で一番のツボ。早く出てきて欲しい

エクステリアカラーのデザインテーマは、"スタイリッシュで印象的なカラーデザイン"。新時代のスポーツバックとしての登場感と存在感を強くアピールするため、緻密かつ力強さを狙ったメタリックカラーでは、引き締まったスポーティなボディを表現。 pic.twitter.com/QpuIyegfCE

Twitter三菱・ギャランフォルティスbot@LANCER_EX_bot

返信 リツイート 9:57

エクステリアデザイン・工事専門店 物置・芝張り塀・アプローチカーポート・フェンスetc 外周りのことなら!!お気軽にご相談ください♪ プランのみのご相談もお受けしています☆ ◎エクステリアのエクシーガ 会津若松市建福寺前8-20 ナリタハイツ3号 tel.0242-36-7887 exga-no1.com pic.twitter.com/8pAgEmYoqX

エクステリアデザインは、"ハッチバックを凌駕する新時代のハッチバックスタイル"。クーペスタイルの伸びやかなキャビンを、ウェッジを強めたロアボディで包み、ダイナミックなスポーティフィルムを表現。 (スポーツバック) pic.twitter.com/UYkd3dxgux

Twitter三菱・ギャランフォルティスbot@LANCER_EX_bot

返信 リツイート 7:57

ボリューム感の増したR33のエクステリアに合わせエンブレムも全体的に力強さが強調された。取り付け位置やキーシリンダーデザインとのバランスなど、さまざまな角度から検討が繰り返されたという